岡田真由子のプロフィールです。
岡田真由子 岡田真由子
 
古都京都で生まれ育った岡田は、アジア、ヨーロッパなど15カ国を約1年かけて一人旅し、それぞれの国で育まれた芸術や美意識を体感しました。そして、グローバル化する社会で最も重要なことは、それぞれの国の価値観や魅力を尊重することと感じた岡田は、大学で専攻した日本画をベースに置いて、これまで学んだ油画、陶芸、彫金、書など、様々な表現スタイルを応用して、日本人の美意識の表現に挑戦してきました。移り行く日本の四季の花々を見事に描いた観音寺の天井画46枚の創作、若手アーティストの登竜門「東京ワンダーウォール」入選、また「産経国際書道展」特選、および東京都知事賞など、岡田の表現活動は色々な分野で高く評価されております。
 
現在岡田が挑戦している表現は「押絵」です。京都に生まれた岡田は、祖母や曽祖母から膨大な量の着物を受け継ぎました。これらの着物は、古いものは100年以上も前ので、いずれも上質な正絹の生地で、その色彩、風合い、質感には、日本人の鮮やかな美意識が凝縮されています。岡田は、この着物生地に表現素材としての可能性を見出しました。日本画は、もっぱら岩絵の具で採色されます。しかし、岡田は、何千種類もの着物生地の中から、色、織柄、文様、風合いなど、モチーフに最適な生地を選び出し、日本古来の工芸「押絵」の技法を応用して、着物生地を彩色手段とする「絹画」(きぬが)というオリジナルのスタイルで、新たな日本画の世界、日本の美意識を展開します。
  京都府生まれ
   
  京都精華大学 美術学部 日本画分野 卒業
   
2006年 トーキョーワンダーウォール 入選
  長野県 高遠の四季展 入選
  東京都品川区 観音寺 格天井絵 着手
   
2008年 産経国際書展 入選
   
2009年 観音寺天井絵 完成
  産経国際書展 入選
   
 2010年  初個展 「春化粧」 ギャラリー優しい予感
産経国際書展 特選
   
2011年 NY初個展 「春化粧」日本倶楽部 ギャラリー(後援・在NY日本総領事館)
産経国際書展 東京都知事賞受賞 ・ 特選
   
2012年

Persons The New School  インテリアデザイン 修了
個展 「Yellow Cab + Wasabi」 RESOBOX Gallery (NY)

   
2013年

個展「 Swim Like Swing」 Shape Shifter Lab (NY)
グループ展 「KIZUNA 展」ギャラリー唐橋(滋賀)
個展 岡田真由子展 ギャラリー唐崎(滋賀)
第30回 産経国際書展 会友賞 2作品
個展 岡田真由子展 銀座あかね画廊(東京)

   
現在 産経国際書会 無鑑査会員

好きなもの 民謡、神輿かつぎ、パタリロ!、緑茶、生牡蠣、柿、ゴルフ、石川遼、池田勇太、田植えしたばかりの水田
 
Photo by Misaki Matsui
 Facebook MAYUKO Okadaはこちら